防火防災業務

防災センターは、高層階及び大規模な建築物又は地下を有する
建築物の防災設備をはじめ、施設管理に必要な様々な設備を
総合的に監視・制御する機能を持っています。
日常は各種設備の監視場所として、非常時には初期消火活動や
避難誘導を助ける正確な情報収集等、消火活動の中枢機関としての
役割を果たします。

火災の覚知・火災状況の把握・消防機関への通報・避難誘導・
初期消火の指示・空調設備の停止(排気施設の一時停止)・
エレベータの呼戻し(避難階への呼戻しと停止)・
非常口等の解錠、防火戸の閉鎖等・消火施設の起動
(各種消火設備の遠隔起動操作)・防犯カメラ等の
モニター監視(不審者、不審物等の早期発見)・
防犯緊急対応(防犯関係警報等の受信と警察機関等への
通報)を行います。

資格

自衛消防業務